ディズニーランドのコスプレ禁止の深刻な理由とは?東京も香港も!

シェアする

この記事の所要時間: 216

スクリーンショット_121815_021449_PM

ちょっとショックなニュースが入ってきました。

ディズニーランドでの「コスプレ」禁止令が
とうとう出されました。
子供たちがかわいそう…と思っていたら
14歳以上が対象のようです。
良かった良かった。

コスプレ禁止の理由

やっぱり世界各地でテロ事件が相次いでいることが理由。
東京、香港など米国外の施設も対象です。
米国ではクリスマス休暇を前に行楽地のテロ対策が本格化している。

というのも、

「アメリカはかなり脆い状態にあります。いますぐにテロリストがパリと同じような事件を起こしてもおかしくない。

この数週間以内、つまりは年内にアメリカでテロ計画が実行されても、残念ながら私は驚きません」

実はCIAが把握しているテロリストが、アメリカにツーリスト(旅行者)として入国していることがわかっています。

ヨーロッパからアメリカに入国するのにビザは必要ありませんから、簡単に入ってこられるわけです。

これは非常に危険です。いまアメリカは第二次世界大戦時と同じくらい深刻で緊迫した状態にあるといえます」

と、元CIA(米中央情報局)長官のジェームズ・ウールジー氏(74歳)が重大な発表をしているように
日本よりもアメリカはテロの危険が迫っているのです。
ディズニーランドがこの時期にコスプレを禁止した理由がよく分かります。

テロに対する強化策

園内での銃のおもちゃ販売禁止。

これもお蔵入りですね。

Sponsored Link


入園時は荷物検査と金属探知機による身体検査。
変装を防ぐためマスクの着用も禁止です。

今まで以上の混雑が予想されそうです。
ユニバーサル・スタジオなども同様の措置を導入予定です。

コスプレが見れなくなるのはちょっと寂しいですが、

安全確保のためなら仕方がないですね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする