バルス祭りの滅びの呪文は禁止されていた!

シェアする

この記事の所要時間: 237

こんにちは!
今年で「天空の城ラピュタ」は
公開30周年になるんですねー。それを記念して
1月15日から、「天空の城ラピュタ」と
「魔女の宅急便」が2週間連続放送されることが
決まりました。

ラピュタといえば「パルス」だそうです。
一体パルスって何でしょうね?

スクリーンショット_010516_040148_PM

バルス祭りとは?

滅びの言葉「バルス」

『ラピュタ』がテレビ放送されるたびに、SNSを埋め尽くすこの
「バルス」という言葉は
ラピュタ一族に伝わる滅びの言葉だそうです。
シータとパズーがラピュタを壊滅するために叫んだこの「バルス」
という言葉でラピュタが崩壊してしまったのです。

それで滅びの言葉「バルス」が何時何分何秒に登場するのかを予想
して事前企画。
一斉にその滅びの言葉で埋め尽くされるのが「バルス」祭り
と言われているそうです。

Sponsored Link


スクリーンショット_010516_040110_PM

バルス禁止令

どうやらバルスは禁止されているようですね。
さっきツイッターで知りました。

バルスを知らない人物

なんと製作者の宮崎駿さんはパルスを知らないそうです。
鈴木プロデューサーが告白

「僕は好きですよ。僕、お祭り好きなんで(笑)でも、このことをたぶん知らないのは、たった1人世の中にいますね。このバルスがね、これだけ世間で評判になっているのを知らないのは……誰であろう、宮崎駿ですよね(笑)。僕も本人に言ってないし、周りの人たちもね……僕、言わないようにしているんです」

と裏話を話してくれた。
ちなみに鈴木プロデューサーはこういうお祭り騒ぎは大好きで
自分自身もニコニコの生放送で立ち会ったそうです。

バルス祭りの反響

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする