歌王の結果と感想2016!香川裕光が介護職から歌手デビューへ!

シェアする

この記事の所要時間: 250

こんばんは(^^)
今日は楽しみにしていた「歌王2016」
があってました。
皆さん上手でしたが、広島県出身の元介護職員、香川裕光さん
優勝しました!!

なんと優勝者には賞金200万円と歌手デビューが決定!
おめでとうございます!

なんと5000名の“未来のボーカリスト”たちから
選抜された8組の中の優勝者になるので、
すごい確率でデビューが決まったんですね。
スクリーンショット_010616_123714_AM

Sponsored Link


香川裕光の予選曲

予選では「ゆず」の「栄光の架橋」で勝負。
予選は3人中1位通過でした。
審査員の小島瑠璃子さんは涙を流し「歌を愛しているのが伝わってきた」
浅田舞さんは「鳥肌が止まらなかった」とコメント。

香川裕光の決勝の曲

決勝では小田和正さんの「言葉にできない」をで勝負!!


歌い終わった本人は感無量といった表情でした。
「楽しんで歌わせてもらいました」と謙虚なコメント。

審査の結果見事優勝!
審査員からは「あなたはハートの勝利」や「心に刺さりました」
など、べた褒めのコメントをもらってました。

とっても上手でした。
ただプロの世界はとても厳しいです。
29歳という年齢からしても活躍できるか若干
不安はありますが
頑張ってもらいたいですね!

介護職の仕事から歌手へ

前職は障害者福祉施設勤務 という香川さん。
まったくコミュニケーションを取れない
重度の障害を持っている人でも、
自分の歌を聞いて涙が溢れることがあった。
そんな姿を見て歌手になることを決意したそうです。

介護の仕事をこなされ、あんなに優しい透き通った歌が歌える
香川さんは、心の優しい方だと思います。
色んな歌を歌ってみんなの心を癒してほしいですね。

みんなの意見

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする