石川直のドラムが神技!日本人初のブラスト!WIKIは?

シェアする

この記事の所要時間: 331

有吉のアブナイ夜会で櫻井翔が会いたかったという
石川直さんがゲストで来てましたね!

音楽集団“ブラスト”唯一の日本人メンバーの石川直さん。
「Rolling days」のドラムは石川直さんの指導によるものだったそうです。

スクリーンショット_011416_110802_PM

Sponsored Link


櫻井君はとっても集中力があり10回中9回はできる
とても賢い人だとほめられてましたね。

その石川さんのドラムがまさに神技でした。
1秒間に20回叩くというものでしたが、
ブラストに入団できたのもうなずけます。

石川直さんのWIKI

スクリーンショット_011416_110914_PM

  • 1989年:父親の転勤により、アメリカシカゴに渡る。15歳からパーカッションのレッスンを受けるまではフルートを吹いていた。音楽を始めたのは、言葉の壁を越えるため。
  • 1993年:University of Tennessee at Chattanooga(UTC)入学。
  • 1995年:2度の浪人を経て、「The Cavaliers」入団。ドラムコー・インターナショナル(DCI)にて団体優勝、ベスト・パーカッション賞受賞。
  • 1996年:DCIスネアドラム・ソロ部門で初優勝。
  • 1997年:「The Blue Devils」に移籍。再びDCI団体優勝、ベスト・パーカッション賞受賞。パーカッシブ・アーツ・ソサエティ・インターナショナル・コンベンション(PASIC)のマーチング・スネアドラム・ソロ・コンペティションで優勝。
  • 1999年:PASIC優勝。
  • 2000年:UTC卒業。「Blast!(en)」に入団。当時唯一の日本人団員となる。アメリカ国内ツアーやイギリス王室のために開かれた『The Royal Variety Show』への出演を経て、翌年にはスネアドラム・ソリストの一人に選ばれる。
  • 2002年:「Blast!」を一時退団。帰国し日本国内で演奏活動や音楽指導をする。
  • 2003年:『Blast! Japan Tour』に、ソリスト、インストラクター、リーダーとして参加。『Blast! Norath American Tour』に参加。
  • 2005年:堂本光一主演ミュージカルEndless SHOCK』にパーカッショニストとして参加。堂本へのパーカッション指導と舞台上でのセッションを行う。2011年現在まで毎年出演。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする