鈴木亜由子が逆転で優勝すごい!経歴気になる?五輪確定か?

シェアする

この記事の所要時間: 326

こんにちは(^^)
今日の全国都道府県対抗女子駅伝大会はすごかった。
絶対京都が優勝すると思ってました。
マラソン界にすごい怪物再び現れました!!

京都は西京極陸上競技場を発着とする9区間42・195キロで争われ、
愛知が最終9区で1分37秒差を大逆転して初優勝した。
2時間16分2秒だった。

この最終区を走った鈴木亜由子が大注目を浴びているのです!!
スクリーンショット_011716_041528_PM

鈴木亜由子の経歴

スクリーンショット_011716_041646_PM

名前  鈴木 亜由子(すずき あゆこ)
生年月日1991年10月8日
出身  愛知
出身校 豊橋市立豊城中学校
愛知県立時習館高等学校
名古屋大学
勤務先 日本郵政

故障の影響で高校時代はあまり活躍できなかったそうです。

大学時代は学業成績も優秀だったそうです。
名大卒の優秀ランナーと言われてるようです。
勉強も頑張って陸上も頑張るってすごいですよね!
大学での活躍
1年次に2010年世界ジュニア陸上競技選手権大会に日本代表として出場
大学2年、3年と日本学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)女子5000mを連覇
大学4年次に第27回夏季ユニバーシアード(ロシア・カザン)日本代表に選出
このころから頭角を現してきたようです。

Sponsored Link


大学卒業と同時に日本郵便に入社

日本郵便での活躍

2014年 国際千葉駅伝日本代表 第2区 区間1位
全日本実業団対抗選手権 女子5000m 第2位
2015年 日本選手権 女子5000m 第3位
世界選手権 女子5000m 日本代表
全日本実業団対抗陸上競技選手権 女子10000m総合第1位

世界陸上本番では8月27日の予選2組で15分28秒18で6位となり決勝に進出
決勝レースでは1000〜2000までは、尾西美咲と先頭を引っ張り、
3000以降も上位をキープ。
15分08秒29の自己ベストタイム(日本歴代5位)の記録で9位となった

2015年9月に行われた第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会女子10000mでは、31分48秒18で初優勝!!
リオデジャネイロオリンピックの参加標準記録32分15秒00を突破!!

オリンピックの代表で選ばれることも十分にあると言えます

山本修平の彼女は鈴木亜由子と話題?出身校も同じ!経歴気になる!

スクリーンショット_011716_042941_PM

第33回全日本中学校陸上競技選手権大会 鈴木亜由子選手、1500メートルで大会新、2連覇

スクリーンショット_011716_042613_PM
2009年の愛知駅伝にも出場。
3度目の出場で3区間での区間賞獲得が期待された。

スクリーンショット_011716_042806_PM

2014国際千葉駅伝の第2区で6人抜きで区間賞を取った鈴木亜由子

スクリーンショット_011716_043051_PM

鈴木は女子5000メートル決勝で入賞まで0秒29差の9位

スクリーンショット_011716_043323_PM

彼氏のうわさについてですが、
まだ公表されていない状態です。
公表されたらお知らせします。
誰かが心の支えになってくれているから
こんなに頑張れるのか?
それとも、恋愛は今のところ考えずにマラソンだけ頑張っているのか?
どちらにしても、
とってもかわいくて期待の星です。
応援してます!
(追記)

リオ五輪出場決定!

スクリーンショット_062716_104716_PM

6月24日に開催された
陸上の日本選手権女子1万メートルで鈴木亜由子が優勝し、
リオ五輪代表に決定しました!
おめでとうございます。
オリンピック楽しみですね!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする