北朝鮮人工衛星発射!核実験とミサイル発射はセットで行われる

シェアする

この記事の所要時間: 134

「エ―」北朝鮮が人工衛星を発射するって
「怖いですよね。」
沖縄の石垣島ではその対応で弾道ミサイルを装備しています。
1月6日に核実験したのに
今度は、ミサイル発射!
過去3回、核実験とミサイル発射はセットのように
行われてきました。

スクリーンショット_020716_085416_AM

北朝鮮が過去4回核実験を行った経過

2006年7月 テポドン2発発射
2006年10月 第1回核実験

2009年4月 テポドン2改良型発射
2009年5月 第2核実験

2012年4月 テポドン2改良型発射
2012年12月 テポドン2改良型発射
2013年2月 第3回核実験

2016年1月 第4回核実験
2016年2月7日から14日まで ミサイル発射予告

過去の経過から考えても、ミサイルを発射することは
間違いなしでしょう。

スクリーンショット_020716_085557_AM

Sponsored Link


日本が防備するPAC-3 NAVERまとめ

「ペトリオット」は、現存する地対空誘導弾のなかでは最も優れたシステムといわれており、それは先の湾岸戦争でも証明されました。超低高度から高高度にいたる複数目標に対し、同時に対処可能であり、高い撃墜能力を有しています。

ミサイルを迎撃するには「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とすより速いスピードが求められる」と言われています。2010年までの自衛隊の試験でSM3は4回のうち3回、PAC3は2回のうち2回とも成功したそうですが、「やってみないと分からない」と言う防衛省幹部もいます。

イージス艦 NAVERまとめ

日本の海上自衛隊は、こんごう型護衛艦(Kongō class destroyer)を4隻、あたご型護衛艦(Atago class destroyer)を2隻保有している。

スクリーンショット_020716_090107_AM

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする