フラジャイルの小早川役の安田章大の演技がうまい!番組の感想も!

シェアする

この記事の所要時間: 233

フラジャイルに関ジャニの安田章大君出てましたね!
作品も感動的だけど、安田君の演技が素晴らしいと絶賛の嵐です!!
ドラマと知りつつも、号泣した人多数だそうです。

関ジャニのファンじゃなかった人もこのドラマの演技見て
ファンになるという人増えてます。

今回の安田君の役どころは
安田は余命1年と宣告された末期がんの保育士・小早川洋行役。

フラジャイル6話の梅木みゆき役は山崎絋菜だった!

スクリーンショット_021116_011929_AM
本人も

「久しぶりにヤスの演技が見れる!」
「保育士とかピッタリだし、超楽しみ」
「髪色が落ち着いたのは、このドラマのためだったのか」
「ドラマと知りつつも泣いちゃいそう」

と、ノリノリだった様子です。

Sponsored Link


スクリーンショット_021116_012316_AM

「フラジャイル」の原作

2014年から『月刊アフタヌーン』で連載している原作/草水敏、漫画/恵三郎による『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』。医者や病院を題材にしたマンガは数あるが、同作は病理医という職業にスポットを当てた新感覚医療マンガだ。病理医とは、生検や病理解剖などを行い、病気の原因過程を診断する専門の医師のこと。各診療科の医師は病理医の鑑別をもとに、診断を確定させたり、治療の効果を図るため、直接患者と会うことはないが、重要な仕事となっている。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする