真田丸松が最後のとき数奇な運命「迷走」の感想

シェアする

この記事の所要時間: 158

真田丸 第6回「迷走」
本能寺の変から二日。
日本中に信長の死という衝撃的な知らせが
伝わっていきます。
信繁たちは、明智の兵に占領させた安土を
脱出しようとしていました。
このようなナレーションで「迷走」がはじまりました。

今日は松の人柄についてお知らせします。
真田家のなかで、明るく活発な長女の松。
まっすぐな性格で、自分のことより
周りのことを一番に考える優しさがあります。
颯爽と馬で駆けつけ登場するなど、
男まさりの一面があります。
夫、小山田茂誠の絶縁により、茂誠が厳しい
立場にあると夫を助ける夫思いの妻。
また、自分が織田家の人質になることを
父、昌幸に志願します。責任感の強い持ち主です。
そのことが「本能寺の変」の後、明智光秀の兵に
追われることなります。
ふるさと、真田の郷を目指す際に
その途中、崖から飛び降りて
命を落としてしまいます。

ところが、生きていた!!
記憶を無くしているようにもみえます。
これから、どのような展開になるのでしょうか?
スクリーンショット_021416_055049_PM

Sponsored Link


今日はバレンタインデーです。
第6回「迷走」で松の人生が終わります。
現代に生きる女性であれば、
どんな人生を歩んだことでしょう。
異性同性とわず、好感を抱く人だったことでしょうね。

真田家は、殺伐とした戦国時代を生き抜いてきました。
家族間の謀反や殺し合いが多くあったなかで、
真田家は珍しく仲が良かったようです。
また、領民と気さくに交流して、
領民が困っていれば力になったそうです。
松の存在は、真田家を象徴しています。
松がいたから、真田丸のような家風が生まれたのでしょう。

スクリーンショット_021416_061118_PM

スポンサード リンク

木村 佳乃(きむら よしの)

1976年生まれ。東京都出身。
96年ドラマ「元気をあげる~救命救急医物語」でデビュー
主な出演作
ドラマ「パーフェクトラブ!」「相棒」シリーズ
映画「蝉しぐれ」「「ブラインドネス」「告白」「ホットロード」
舞台「抜け目ない未亡人」
映画「星ガ丘ワンダーランド」「嫌な女」2016年
NHKでは、「大化改新」「はつ恋」「64」
大河ドラマ「北条時宗」「天地人」に出演。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] 真田丸松が最後のとき数奇な運命「迷走」の感想 […]