藤原さくらの歌唱力がすごくて感動!演技力は?経歴も気になる!

シェアする

この記事の所要時間: 238

4月スタートの福山雅治主演の連続テレビドラマ『ラヴソング』
のヒロイン決まりましたねー。
藤原さくらという女の子でしたが、初めて聞いた名前です。
今回は最近の月9低視聴率を復活させるべく福山雅治主演ドラマと
なったようですが、今回のキャスティングに心配の声も上がっています。

スクリーンショット_021816_092640_AM

藤原さくらの経歴

生年月日   1995年12月30日

現年齢    19歳

出身地    福岡県

出身高校 福岡市立福翔高校

所属     アミューズ

大学進学を考えていたが、ボーカルスクールに入ることとなり、
そこで入会してすぐにオーディションを受けることになります。
実力を認められたんでしょうね。
宝石の原石って感じしますよね。

それで、本格的に作曲を開始。
今のようにライブなども成功することとなったようです。

もともと父親の影響でギターを始め、沢山のオリジナル曲を作曲していた。
姉がYUIのファンだったことがきっかけでシンガーソングライターという
存在を知り、歌手に憧れたそうです。
そのため藤原さくらがギターを始めた当初はYUIのカバーから入っています。

とにかく歌唱力がすごい!
とってもスモーキーボイスで声質が日本人離れしている感じ。
最近まで高校生だったとは思えない。
洋楽をメインで聴くためメロディが洋楽的になり、歌詞もつい英詞にしたくなるそうです。
和製ノラ・ジョーンズと言われているそうですが、納得。

Sponsored Link



スクリーンショット_021816_095352_AM
今回の月9

『ラヴソング』は福山演じる元ミュージシャン・神代広平が、障害を持つヒロイン(藤原)と出会い、心を通わせながら人生を取り戻していくというストーリー。

藤原は、福山の所属事務所であるアミューズの新人とあって、肝心のヒロインが“バーター”であることに関係各所から不満の声が上がっているようですが、今回は彼女の実力で勝ち取ったヒロインだと思います。

今回の“フジ月9”枠に関しては、福山が主演するということだけはかなり前から決定しており、ヒロイン役のオーディションも長期間行われていました。20歳前後の歌が歌える女性ということで、大勢の有名女優がこの役に手を挙げたのですが、結果的に選出されたのは藤原でした

(芸能事務所関係者)

今のところ藤原さくらさんの演技力は未知数ですが、
今回のドラマは先ほど述べたように、
「20歳前後の歌が歌える女性」をヒロインにとのこと。
条件的には彼女はぴったりです。

物語の内容的にも歌の雰囲気は「ポップ」系よりも「哀愁」を感じさせる
歌を歌える人を探していたと考えられます。

アミューズのプロモーションドラマといわれてもおかしくない配役だけに、
苦情が殺到するのは当然という意見もありますが、
ドラマが始まると、藤原さくらさんの歌はヒットするんじゃないかなー
って予想してます。

月9「ラブソング」の主題歌はどっちが歌うのかな?
気になるところですね!!

楽しみです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする