ショーンKのあだ名ホラッチョ川上が話題!ビビットで同級生語る!

シェアする

この記事の所要時間: 31

嘘つきっだったのは、昔からだったようです(/ω\)

Sponsored Link


コメント聞いても知的な雰囲気があって、嘘ついてるなんて誰も
思わなかったと思います。

報道番組などにコメンテーターとして出演している
経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上さんが、
週刊文春に学歴詐称があったと報じられて衝撃が走りましたが、

今日の「ビビット」で
昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が
「ホラッチョ川上」だったと証言。
ホラッチョというのはホラ吹き(嘘つき)を意味する言葉です。
スクリーンショット_031616_041355_PM

週刊文春にも掲載
スクリーンショット_031616_041455_PM

卒業アルバムの写真とまるで別人のようになっていることから
同級生はショーンKが「ホラッチョ川上」ということに気づかなかったようです。

スクリーンショット_031616_041722_PM

どれだけのホラを吹いていたかというと…

1.テンプル大学卒→日本の高卒
2.ハーバード大学院(MBA)卒→オープン授業を3日受けただけ
3.パリ大学留学→オープンキャンパスに行っただけ
4.経営コンサルタント→実態のないペーパーカンパニー
※ただし、ショーンKは自身のHPにて
経営コンサルタント事業は下請けという形でやっていたので
クライアントからの証言は得られないが
本当に仕事はしていたと主張している。5.米国人親から生まれたハーフ→純粋な日本人
6.ショーン・マクアドル川上→川上伸一郎
※昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が
「ホラッチョ川上」だったと語っている。
ホラッチョというのはホラ吹きを意味する言葉だ。
7.世界7ヶ所にコンサル会社→実態なし。
具体的に語れる実績もなし。渋谷にあるオフィスは
月3万円のレンタルオフィスと判明
8.共同経営者にジョン・G。
マクガバン氏→無関係な人物の写真を無断使用。

ちょっと多すぎますね(-_-;)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする