いっこく堂が救急搬送理由は?尿管結石の再発か!

シェアする

この記事の所要時間: 21

腹話術師のいっこく堂が21日の夜に意識を失って倒れ、顔面強打。
救急搬送されたことを自身のブログで明らかにしました。
現在はブログに
「すみません。昨日夜中、意識なく倒れ 顔面を強打し
救急搬送されました」と記すも、吐き気があるそうで予断を許さない状態。

いっこく堂さんの持病と言えば、「尿管結石」。
2014年1月3日に脂汗が止まらないほどの痛みに襲われ
救急搬送されている。

尿管結石再発説

スクリーンショット_032216_105059_PM

Sponsored Link


尿管結石は、わき腹から下腹部にかけて激しい痛みに襲われる泌尿器科の病気。

主な症状
尿路結石の最も大きな症状は背中や側腹部の強い疼痛(ズキズキする痛み)です。
この時の痛みは、「痛みの王様」と呼ばれるほどの激痛で、出産と同じ痛みと言われています。
そのため、男性にとっては未知の激痛が襲うことになります。
なんと病気の痛みベスト3にも入っているほど。
ちなみにベスト3はくも膜下出血、心筋梗塞、尿路結石だそうです。
ひどい場合は気絶をすることもあるそうです。
そして、、吐き気や嘔吐などもみられます。
いっこく堂さんも「気絶して」「吐き気がする」と言っていたので、
尿路結石の再発も考えられます。

しかもこの尿路結石という病気は再発する可能性が高いそうです。
尿路結石症は治療後に再発することが多く、尿路結石の再発率は5年で約50%と言われています。
以上のことから、もしかすると尿路結石かもしれませんね。

激やせ説

スクリーンショット_032216_110842_PM

スクリーンショット_032216_111237_PM

いっこく堂さんが激やせしたことで
心配の声が沢山あがってます。
たしかに昔に比べたら明らかに痩せています。

これは以前尿路結石になった時に、食べ物に気を付けるようになって
痩せたと昔テレビで行ってました。

特に食べ過ぎに注意する食べ物、飲み物として、
プリン体を多く含んでいるものを食べるのを控える。
鶏レバー、豚レバー、牛レバー。
カツオ、ニボシ、サンマの干物。
チョコレート、紅茶、ビールなどのアルコール類。
ジュース、清涼飲料水、コーヒー等。
動物性蛋白と脂肪の摂取は、結石形成を促進する要因になります。
こえらを控えることが大事だそうです。
いっこく堂さんも尿路結石を再発させないように
食事を変えたことがダイエットにつながったようですね。

速く元気になってもらいたいです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする