吉田清一県議の経歴や学歴!職歴なしか?暴言やパワハラ問題ひどい!

シェアする

この記事の所要時間: 251

滋賀県の吉田清一県議(68)<自民党>の暴言が話題となってます。
滋賀学園の選手たちの為の激励会が今月16日に県庁で開かれた時に
事件が起こりました。

激励会は、県教委が開催。選手や監督らが県庁正面玄関に並び、三日月大造知事らが励ましの言葉を述べて送り出した。

送り出して、志賀学園の球児がバスに移動した際
吉田清一県議突然、
「なんちゅうとこ止めてんねん」
「誰の許可を得てん」などと怒鳴り
「おまえらなんか1回戦負けしろ」とビックリ発言!!

そのバスは、県教委が指定した場所に止めており、学校側に非はなかった。
ほとんどの球児は茫然と見ていたそうです。

スクリーンショット_033016_124900_PM

Sponsored Link


学校関係者は

その場を取りなそうと、吉田県議に「すみません」と謝って発車。「大舞台を前に選手を動揺させたくなかったのでその場では謝罪した。士気をくじくような言葉を選手らにぶつけてほしくなかった」

と話している。
信じられない発言ですが、毎日新聞の電話取材でも
「止めてはいけない場所にバスを止めていたので注意しただけ。そんなこと(『負けろ』と言ったこと)は二の次だ」と話したそうです…。

なんと
吉田県議は野洲市選出で6期目、議長経験もあるそうですが、
明らかに不適格人物です。
こんな人が 6回も選ばれる選挙制度って問題ありませんか?

吉田清一の経歴

スクリーンショット_033016_123845_PM

野洲郡中主町治安生まれ
善所高校卒業
京都工芸繊維大学卒業
世界80数カ国遊学
滋賀県議会議員5期
滋賀県議会議長
関西広域連合議会議長(現)
(ポスターの略歴より抜粋)

大学を卒業したと世界を遊学したと書いてあります。
就職した経歴がないので、無職の期間が長かったのかもしれません。

過去のパワハラ

そもそも事の発端は七月二日に野洲市で開かれた地元老人クラブの健康ウオーキングだった。野洲川堤防散策と地元の水産加工販売会社で川魚などの買い物をする内容で、七十二人が参加した。 このウオーキングに割り込んで、同会社周辺において、知事選に出馬した小鑓(こやり)隆史候補の義姉が挨拶するミニ集会が開かれることになった。

この折、吉田県議は会場の段取りが悪いと女性市議を激しく叱責(しっせき)したとされる。この現場に居合わせた女性は「これは紛れもなくパワハラ。こんなことに負けたらあかんよ」と女性市議に同情したという。

後にパワハラを受けた女性議員はその後Facebookに投稿。

人前で恥をかかせて議員は育てる」らしい…

「お前がいたら勝てる選挙も勝てへん」らしい…

「なんべん言うてもお前はレベルが低いなぁ」…

それも市民の前で…

“お前”とは私だ。もっともっといっぱい言われた。これまでも何回もあったけれど…

虫けらのように、上から目線で人権を否定された。

パワハラだと分かっていない、これがトップの言葉だ…

役たたづ(原文のまま)の私は迷惑を掛けないように前線から身を引くことにした…

体も心も疲れた…

猫を抱きしめて毛布にくるまって真っ暗な世界にいたい…

ひどすぎます。
モラルのない議員は税金の無駄です。
すぐにでも辞職してもらいたいですね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする