ラブソング第3話ネタバレあらすじ

シェアする

この記事の所要時間: 117

「あなたを想って歌います!」

神代広平(福山)はライブハウス『S』に
佐野さくら(藤原)を連れて行きライブに向けての
練習をする。客はいないが、初めてステージに立つ
さくらは緊張。世間話で緊張をほぐそうとする神代。
さくらはためらったまま。
そんな神代に相談者から電話が入る。
店の外に出て電話を済ませた神代が戻ると、
さくらがひとりで熱唱していた。
そんなさくらに見入ってしまう神代。

スクリーンショット_041116_110652_PM

中村真美(夏帆)を野村健太(駿河太郎)の
二人は偶然、楽しそうに男と歩くさくらを発見。
その時、真美はその男が神代だと野村に教えらえた。

夜、アパートに帰ったさくらは、真美に神代との
関係をからかわれる。神代への想いを否定しきれない
さくらは、ごまかすようにライブで歌うためだと
真美に告げる。
遊びに来ていた天野空一(菅田)は興味なさそうな様子。

一方、神代は、宍戸夏希(水野)に、
さくらとライブに出ることを教えていなかったことを
とがめられる。さくらは夏希のクリニックで
治療を再開することになっていた。
また夏希には、かたくなにステージを避けてきた
神代の変化も気になる様子。
夏希は相談者との距離感を考えた方がいいと神代を
からかうように忠告する。

次の日さくらは、同僚から神代が独身だと聞いて
嬉しくなる。
その気持ちで、夏希のクリニックに行ったさくらは・・・。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする