神谷浩史のぶりぶりざえもんもカッコいい!経歴もすごい!

シェアする

この記事の所要時間: 248

ぶりぶりざえもんが復活することとなり話題となってます!

ぶりぶりさえもんは、しんちゃんの「お絵かき」から誕生したキャラクター。
「救いのヒーロー」です。
スクリーンショット_051316_083052_PM

しんのすけによく似た下品で周りのことを気にしない性格。
得意技は「拭いてないお尻攻撃」で大便直後の尻で突進するという下品な技。
ヒーローでありながらたった3時間しか稼働できないのに、高額なおたすけ料を請求。
卑怯者でもある。

その下品さとは反対に声がとてもシブくて良かったんですよねー。
その声を16年前まで担当されていた声優の塩沢兼人。


2000年に自宅の階段から落ちて「脳挫傷」で亡くなってしまいました。

それ以来、塩沢さん以外にこの役をできる人はいないと
ファンや遺族の申し出のため
アニメ・劇場版いずれにも台詞付きで登場することがなくなった。

それから16年、
アニメ『クレヨンしんちゃん』の25周年のアニバーサリー企画として
野原しんのすけが作った伝説のキャラクター「ぶりぶりざえもん」が復活!
予定は5月13日と20日の2週だけ。

そして声優を担当するのが神谷浩史に決定!
神谷さんのぶりぶりざえもんもいいですね!

Sponsored Link


神谷浩史の経歴

スクリーンショット_051316_084252_PM
生年月日 1975年1月28日(41歳)
出生地 日本の旗 日本・千葉県松戸市
血液型 A型
身長 167 cm[1]
職業 声優、歌手、ナレーター
事務所 青二プロダクション

高校3年生の時演劇部に参加し大会で個人演技賞を受賞する。
それを機に役者を目指す。
芸術系の大学を志望するが受験に失敗してしまう。

たまたま見た「青二塾」の広告をみて入所。
青二塾が「声優養成所」とは知らなかったそうです。

しかし、ここでも才能を発揮し1994年のデビュー以来
多くの賞を受賞してます。

受賞歴

2008年、第二回声優アワードサブキャラクター男優賞受賞[7]。
2009年、第三回声優アワード主演男優賞/ベストパーソナリティー賞受賞[8][注 1]。
2009年8月26日、ミニアルバム「ハレノヒ」で本人名義での歌手デビュー。
2010年、TAF東京アニメアワード声優賞(化物語/阿良々木暦役)受賞。
2012年、第六回声優アワード最多得票賞受賞[9]。
2013年、第七回声優アワード最多得票賞受賞[10]。
2014年、第八回声優アワード最多得票賞受賞[11]。
2015年、第九回声優アワードパーソナリティ賞と最多得票賞を受賞[12]。
2016年、第十回声優アワード最多得票賞受賞。5年連続受賞

すごいですね!
実力もさることながらルックスも良く、
大人気です。
スクリーンショット_051316_090049_PM
スクリーンショット_051316_090126_PM
スクリーンショット_051316_090229_PM

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする