サニックスのブラック企業実態が怖い!新人研修内容がひどい!

シェアする

この記事の所要時間: 255

太陽光発電設備施工などを手掛ける本社が福岡市にある「サニックス」
の過酷な新入社員研修で障害が残ったとして、元社員の男性(50)が
2200万円の損害賠償を求める訴訟を起こしました~!

宗政社長

スクリーンショット_051616_105307_AM

本社

スクリーンショット_051616_104708_AM

サニックスといえば、「シロアリ退治」で有名な会社です。
ここ最近は廃棄物のリサイクルや太陽光発電設備の設置などにも
手がけているようですが。

福岡では有名な話ですが、サニックスはシロアリ駆除の仕事を貰う為に、シロアリを持ち込んで住人を騙して、シロアリ駆除の仕事を取ると言われていました。かなり黒いイメージが強い会社です。
真実は分かりませんが…。
現に2006年に経済産業省から業務停止命令を受けています。

経済産業省は、シロアリ防除工事、床下換気扇取付工事等を行ってい
る訪問販売業者である株式会社サニックス(福岡県福岡市)に対し、特
定商取引法の違反行為(不実告知、勧誘目的等不明示、迷惑勧誘、判断
力不足者契約、適合性原則違反勧誘)を認定し、特定商取引法第8条第
1項の規定に基づき、本年7月8日から10月7日までの3か月間、6
支店・営業所における訪問販売に関する業務の一部を停止するよう命ず
るとともに、同法第7条の規定に基づき、同社が行う訪問販売に関する
業務の改善指示を行いました。

サニックスは過去5年以内にソロアリ防除浩二を行った消費者をターゲットに
「無料で床下の点検をしています。」
「家屋調査に来ました。」
「シロアリの点検に来ました。」
といって断っているにも係わらず点検し
「これがシロアリが食った跡ですよ。このままにしておくと危
ない。強い風が吹いたり、地震があったらこの家は倒れますよ。一日も早
くシロアリ駆除をした方がいいですよ。」
「床下の湿気が多いので湿気を取るのに換気扇を付けた方がいいですよ。」「このままでは地震が来たら家が倒れます。柱の補強が必要です。」
と説明するなど不当な勧誘を行っていたそうです。

怖いですね。
しかも、高齢者や認知症のお年寄りをだまして契約させていたとして
社会的にも大問題になりました。

実はこの違法な勧誘が行われていた裏には、
会社からのノルマの強要があったとされます。

Sponsored Link


研修内容

研修は福岡県の宗像にある研修所で行われていたようです。

スクリーンショット_051616_111730_AM

〒811-3501 福岡県宗像市神湊1268−76
神湊港出口から徒歩約18分

昔からサニックスは体育会系の企業で
入社後に2週間にわたる厳しい研修を行い、挨拶や時間厳守等徹底して
叩きこまれるそうです。

今回提訴した元社員の研修内容
・営業などに関する座学
・歩行訓練(10人ごとの班が一定速度で長距離を歩く)
・サニックススピリッツ(24キロを4時間で歩かせられる)

男性は2回の歩行訓練で両脚を痛めていたが、会社側から「一人でも脱落すれば班全体が失格」「クリアできない人間はうちに要らない」などと言われ、同僚に迷惑を掛けることや解雇を恐れて訓練を続けた。24キロを完歩したが、症状が悪化。両膝関節挫傷などと診断され、関節可動域が狭まる障害が残ったとしている。男性は障害のため休職し、14年に退社した。

元社員は100キロ近く体重があったそうです。

今後の裁判の判決が気になりますね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする