消防士の救助用チューブとは?杉谷慎太郎容疑者はサーファー?

シェアする

この記事の所要時間: 113

今日は悪質な事件が報道されました。
いたずらにもほどがあります。

蒲郡市消防本部の消防司令補杉谷慎太郎容疑者(38)ら隊員3人は
部下の男性への暴行と強要の疑いで逮捕されました。

杉谷慎太郎容疑者らは蒲郡市内の消防施設で3月に20代の男性消防士の体を押さえ付け、救急活動に使うゴム製チューブを体に入れて息を吹き込んだほか、わいせつな行為を強要した疑い

ひどすぎます。
人命を救助することを職業とする人が弱い立場の人間をいじめるなんて
信じれません。

救助用チューブとは?

消防士さんもたくさんの道具を使って仕事をしてますが、
今回犯行に使ったというチューブっていったいどんなものだったのでしょう?

スクリーンショット_051616_034402_PM

Sponsored Link


消防士さんは火事の時使用する道具と、救急搬送時に使う
道具があると考えられますね。
スクリーンショット_051616_034144_PM
こちらは鼻から胃に管を通すストマックチューブだそうです。

スクリーンショット_051616_034733_PM
気管切開チューブ
スクリーンショット_051616_034811_PM
オシッコ管 導尿カテーテル

調べてみるといろんなチューブがありました。

杉谷慎太郎容疑者はサーファー

調べていくうちに杉谷容疑者がサーフィンの世界では実力が
ある選手だということが分かりました。
全日本サーフィン選手権において、大活躍したそうです。
スクリーンショット_051616_035212_PM

スクリーンショット_051616_035247_PM

今回は悪ふざけがエスカレートしてしまったようですね。
残念です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする