ZERO 大野智×櫻井翔 対談の内容は?リーダー論がかっこいい!

シェアする

この記事の所要時間: 327

6月13日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で
嵐の大野智と櫻井翔が対談でしたね。
15日(22:00~23:10)に最終回を迎える、大野智の主演ドラマ世界一難しい恋に
櫻井翔が同局系ニュース番組『NEWS ZERO』とのコラボレーションで出演する
ことから今日の対談が実現したのです。

ドラマでは
『ZERO』でキャスターを務める櫻井が、『世界一難しい恋』に架空のニュース番組の
キャスターとして、大野演じる鮫島零治にインタビューするという役どころ。

今日のZEROでは「世界一難しい恋」の”社長”の役柄で登場したリーダー大野君。
櫻井君に「リーダー論」についてインタビューされました。
スクリーンショット_061416_022558_AM

大野「最初はリーダーってまとめるっていうイメージがあって」

櫻井「先輩方そうだしね」

大野「そう、ラジオとか5人で当時やっていたじゃない? そのときに『進行 大野』って書いてあって、あれは参ったね。『うわ、こういうのって全部俺やるんだ今後』とか思って」

櫻井「リーダーがやるってスタッフの方思ってるから」

大野「そう。で、グデグデになったのを覚えてるもん。正直なんか(結成当時は)みんなの考えてることが理解できなかった自分がいて、それじゃだめだよ的なのはちょっとあったんだよね」
櫻井「ふーん」
大野「でも、10何年やってきて、みんなも大人になってきて逆になった感じ」
櫻井「あぁ気負わなくていいやっていう?」
大野「うん」

スクリーンショット_061416_023347_AM

2011年に語っていた「リーダー論」

Sponsored Link


大野「やっぱり1人じゃ無理だなと思う。メンバーがいて安心がある。1人だと、たぶん冗談言うことすら怖い、みたいな」
櫻井「5人でいるから、大野智流のリーダーでいられるってこと?」
大野「いられるし、成立してんじゃないかな」

櫻井「これから40歳に向かうじゃん、俺も同じだけどさ。若い人たちも増える中でちょっと意識を変えていこうみたいなのはあるの?」
大野「ちょっとはあって…」
櫻井「へぇ意外だね」
大野「考え方とかじゃなくて、30歳過ぎて体力的にとか身体的に勝手な意識でみんな劣ってくじゃない?」
櫻井「うんうん」
大野「こんな腹になっちゃった、みたいな」
櫻井「実際そうじゃなくてもね。何となくそうなっちゃうよね」
大野「俺も一瞬なったんだけど。いやだなぁと思って改善してるね」
そう思うきっかけになったひとつが、東山紀之と共演したライブ「ジャニーズカウントダウン」
大野「去年のカウントダウンで、リハーサルで東山さんと『大野じゃあアクロバットやるか』って言われて」
櫻井「東山さんから?」
大野「そう、で僕は(去年バク転を)やったから『あぁいいですよ』って言って『ちなみに何年ぶりですか?』って言ったら「いやもう10何年やってないよ」って」
櫻井「わはは、すごいね!」
大野「年齢ももう50歳近い、それでほぼぶっつけでやられたときに『こんな人いるんだ…この人かっけーな!』って思って。やっぱり同じジャニーズの先輩にああいう方がいると、やっぱりまだまだだなって」

大野君ってホントいい人ですね~。
大野君がリーダーだから今の嵐があるのかもしれません。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする