中川梨絵の日活ポルノ作品や経歴。晩年は小料理店「来会楽」営む。

シェアする

この記事の所要時間: 136

こんにちは
今日はとても悲しいニュースです。
女優・中川梨絵さん(本名・長谷川栄=はせがわ・さかゆ)が
14日、肺がんのため死去しされました。
67歳だったそうです。
初期の日活ロマンポルノでご活躍された女優さんです。

最近ロマンポルノという響きを聞きませんね。
どんな作品に出ておられたのでしょうか?
ロマンポルノをやめられて晩年はどのように過ごされたのか
とても気になりました。
調べてみたいと思います。

中川梨絵の経歴

スクリーンショット_061516_045409_PM

生まれ 1948年8月13日
出身   東京都台東区生まれ
5歳の時「藤娘」で初舞台を踏み、
子役として活躍。NHK「お笑い三人組」レギュラー出演。
高校卒業と同時に東宝に入社。
芸名を中川さかゆとして「乱れ雲」(1967年)で映画デビュー。
1971年 芸名を中川梨絵とし日活に入社する。
1974年 日活を離れる

晩年は
品川区小山台で。来会楽「こあら」という小料理店を
ご夫婦で営む。

その前は四谷でご主人とふたりでやっていたそうなんですが、
お母様が認知症になって、中川さんの実家のほうで営んでたようです。
日本酒にこだわったお店でとても人気があったようです。
スクリーンショット_061516_050132_PM

Sponsored Link


日活ロマンポルノ作品

日活ポルノ時代の作品は10本ほどしか出てないそうです。
日活に就職していた3年間だけです。
短期間のご活躍だったのに日活ロマンポルノの黄金時代を築かれた
女優さんなのです。
凄いです。
主な作品は
『OL日記・牝猫の匂い』
『花弁のしずく』
『OL日記・牝猫の情事』
スクリーンショット_061516_051301_PM
『エロスの誘惑』
『恋人たちは濡れた』
スクリーンショット_061516_051158_PM
『(秘)女郎責め地獄』
スクリーンショット_061516_051044_PM
『女地獄・森は濡れた』
などに出演

美貌もさることながら、演技力が素晴らしい
女優さんだったようです。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする