柵木眞さんの死因は?経歴や人柄は?マセキ所属の芸能人誰?

シェアする

この記事の所要時間: 240

マセキ芸能者会長の「柵木眞」(ませきまこと)さんが
6月22日、死去しました。
89歳でした。
死因は虚血性心不全だったそうです。

柵木眞会長とは?

スクリーンショット_070116_010709_AM
名前  柵木眞
生まれ 大正15年生まれ

プロフィール探しましたが見つかりませんでした。

戦前の浅草で、父に当たる柵木政吉が「講談演芸社」を設立
戦後、「有限会社柵木演芸社」と改名。
1950年、現会長の眞(柵木政吉の息子)の社長就任に伴い、
「株式会社マセキ芸能社」に改名。現在に至る。

とっても面白いお人柄だったようで
テレビでウンナンを見かけてナンチャンに「ナ、ナ、ナンチャン。ウ、ウ、ウッチャンの隣にいるのは誰?」って聞いたり
マセキ里穂のコールを自分の応援だと思ってたり。
よくナンチャンが真似していたそうです。

ドロンズ石本さんのブログにも会長の天然っぷりが書かれてました。

口癖。
「ウッチャンナンチャンはね~ 昔デパートの屋上でね~」 から始まる話。天然。

バカリズムの所に、当時社長だった会長から電話が。

「もしもし、狩野君、この前テレビ見たんだけどね、…』

バカ『あの、社長、バカリズムですけど…』と、伝えると。
社長『あっ間違えましたすみません』
と、切る。
バカリズムに、一言も、何もなく。
若手芸人全員に『お金が無いみんなに、食べたいだけ、食べれるよう、バイキングご馳走するから』と、優しいお言葉を。
集合場所は、浦安。
交通費。片道。1000円弱。
自腹。

などなど。会長伝説たくさん。

みなさんに愛されてた会長さんだったようです。

スクリーンショット_070116_012855_AM

スクリーンショット_070116_012612_AM

Sponsored Link


マセキ芸能社について

養成所がないため、オーディションで所属出来る
〈メリット〉
本所属となれば交通費が出る 若手の勢いがすべての事務所の中で一番良い。
吉本は人が多過ぎるので別 浅井企画と並んで雰囲気が良い 事務所ライブでナンバー1のライブはしてないが、それ以降のライブは一部ネタをYouTubeであげているため、全国にファンがつきやすい DVD収録されない単独ライブはマセキ専用の課金サイトで見れる
〈デメリット〉
マネージャーが厳しく、スベったら怒られる 事務所を辞めたらYouTubeに上がっているネタをすべて消されてしまう 漫才かコントどちらかに絞らなきゃいけなく、どちらもすることができない。賞レースも同様で、キングオブコントかM-1・THE MANZAIのどちらかしか出場が許されない

などなど。

マセキ所属の芸能人

マセキでよくテレビで見かける芸能人
ウッチャンナンチャン
(内村光良、南原清隆)
ナイツ
(塙宣之、土屋伸之)
三四郎
(小宮浩信、相田周二)
ニッチェ
(江上敬子、近藤くみこ)
内海桂子
大空遊平
松鶴家ぽん
出川哲朗
ドロンズ石本
バカリズム
与座よしあき
カトゥー
いとうあさこ
パッション屋良
狩野英孝
などなど…
まだまだたくさん所属してます。

ご冥福をお祈りします。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする