太田龍(れいめい)鹿児島甲子園ドラフト候補2016スカウト評価

シェアする

この記事の所要時間: 22

太田 龍wiki風プロフィール

名前:太田 龍(おおた りゅう)
高校:れいめい高校(鹿児島)3年
ポジション:投手
身長:190cm
体重:88kg
投打:右投右打
球種:ストレート139~145キロ
スライダー
シュート
チェンジアップ

投手の能力

上背は190cmもあり、大型右腕。
押し寄せてくるような威圧感を抱きます。
バッターボックスに立った強豪校の主軸も
「迫力が違います」と口を揃えて言うほど。
メジャーの可能性を秘めた体格と迫力。
今年より、チェンジアップとスライダーの質も
上々になり、ピッチングの幅が出てきました。
自慢のストレートも5月下旬のNHK旗大会で
最速149キロを計測するなど、
大器の片鱗を見せつけています。

スクリーンショット_070716_055317_PM

宮之城中では軟式で136キロを計測。
甲子園常連の鹿児島実高、樟南高からも勧誘はあったが、
太田には考えがあった。
「昔から強い学校で甲子園に行くよりも、
家から近い私学で頑張りたいと思った」と、
さつま町からバスで30分のれいめい高へ進学。
1学年上の主将・火ノ浦明正(現専大)の影響も大きかった。
前身の川内実高で、1980年夏以来遠ざかる甲子園出場を目標に入学してきた。
すでに身長が185センチあった入学時から才能は抜きん出ていた。

引用:週刊ベースボールオンライン

将来性とプロ注目度

長身で馬力があり、とても可能性を感じさせる素材です。
きっかけ次第では、大きく化ける選手です。
このような選手は、勝負する球種や投球術など
何かをつかめば、一気に評価が高まります。

スカウトからは
「鹿児島県は、強豪チームが多い。
だから、注目をされやすい。
そのなかで、筆頭株は太田龍である。
長身で見た目だけは、プロ向きの
雰囲気を感じる。」
「癖のないオーソドックスなフォームで、
ストレート、スライダーとシュート、
チェンジアップを組み立てる。
今のところ、故障も完治しており、
スカウトたちも注目している存在である。」

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする