大野将平の大外刈りすごい!家族や学歴!天理大暴力事件とは?

シェアする

この記事の所要時間: 214

リオデジャネイロ五輪盛り上がってますね!
柔道男子日本代表の中で、
金メダル獲得を最も見込まれている
73キロ級の大野将平選手!

ロンドン五輪では
お家芸にもかかわらず
日本男子柔道の金メダルなしという
残念な結果だったので

今回の五輪の
日本男子柔道の金メダルに
注目が集まってますね!

大野将平の経歴

スクリーンショット_080816_033127_AM

生年月日  1992年2月3日
年齢    24歳
出身地   山口県
身長    170cm最終学歴  天理大大学院出
所属    旭化成
出場種目  73キロ級

柔道家の兄・哲也さんの後を追って中学生の頃
山口県から上京。
柔道のエリート養成所「講道学舎」に入門した。
兄の哲也さんはスカウトされて入門しているが
弟の翔平はスカウトされなかった。

講道学舎では8人中7番手だったそうです。
このころはまだ才能が開花されてなかったようですね。

大野の大外刈りは中学3年生の頃この道場で確立された
そうです。
世田谷学園高校に進学して柔道部へ。
いい成績は残せなかったようです。

天理大学へ進むと、
1年の時にはフランスジュニア国際で優勝。
2年の時には全日本ジュニアで優勝するなど
実績を積み上げていきました。

社会人になっては旭化成に所属。

2013年と昨年の2度にわたって世界選手権を制覇。
2016年2月世界ランク1位の安昌林を破り優勝!
大外刈りでどんな選手も投げ飛ばしています。

Sponsored Link


天理大学柔道部の暴力問題とは?

2013年9月天理大学柔道部で柔道部4年生の男子部員4名が、
1年生部員複数に対して暴力を振るい、
そのうちの1名が鼓膜を破るなどのケガをした事件。

当時、柔道部主将だった大野も暴行現場に居たが、
直接暴力は振るっていないそうです。

この事件の責任を取って大野選手を含む5名は
1か月の停学処分となりました。
また全柔連からは暴力行為に関わった
大野ら4年生9名に3ヶ月の登録停止処分を受けた。

後にこの事件について

なかなか経験できないことでもありますし、
あの一件で精神的にも強くなれた。
自分の中ではポジティブにとらえていこうと。
先生方、先輩、チームメートに支えられ今の自分がある。
改めて天理大に入って良かったなと思っています。

と前向きなコメントを残してます。

リオでの目標を聞かれた際には
「最低でも金」と宣言してましたが、
リオ五輪での金メダルが現実になりそうですね~。
楽しみです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする