レスリング太田忍が強い!経歴や家族もすごい忍者レスラー!

シェアする

この記事の所要時間: 241

リオ五輪盛り上がってますね!

後半でメダルを期待されている
レスリングの太田忍選手が話題となってます!

太田忍選手、とにかく強いんです。

呼ばれる素早い身のこなしをすることから
海外の選手からは「忍者レスラー」と恐れられています。

太田忍の経歴・学歴

スクリーンショット_081416_030643_AM

名前   太田 忍
生誕   1993年12月28日(22歳)
出身   青森県三戸郡五戸町
身長       165 cm (5 ft 5 in)
競技       レスリング
種目       男子グレコローマン55kg級学歴  五戸町立倉石中学校
柳井学園高等学校(山口県)
日本体育大学卒業就職  2016年より綜合警備保障に入社

大学チーム 日本体育大学
クラブ  綜合警備保障

小学校1年生の頃、
八戸工大一高でレスリングを
していた父の陽一さんの勧めで
小学校2年生からレスリングを始めた。

太田忍選手は4人兄弟の2番で生まれました。

自衛隊に勤務する姉の理穂さんとレスリング
クラブに通っていました。
末っ子の優香さん(15)も
レスリング選手として今春、八戸工大一高に進みます。

家族にレスリングをするなど、
太田選手は環境に恵まれたいたんですね。

スクリーンショット_081416_033901_AM
(父の陽一さん)
大学の先輩である金久保選手や松本選手が
所属していることもあり、
ALSOKへ入社を決めたそうです。

Sponsored Link


戦績

柳井学園高等学校では
2011年のおいでませ!山口国体少年男子グレコローマン55㎏級で優勝しました。
日本体育大学3年、ハンガリー・グランプリで国際大会初優勝!!
4年時にも、天皇杯初優勝しました。

2016年の五輪アジア予選では1回戦で
ロンドンオリンピック金メダリスト
イランのハミド・スーリヤンを破る。
2回戦でウズベキスタンのフィルス・ツクタエフを破る。
準決勝で韓国のキム・セウンハクを破る。
決勝で中国のワン・ルミンに敗れた。

決勝では負けてしまったけれど
五輪本大会出場権を獲得したのです。
スクリーンショット_081416_040232_AM

アジア予選の1回戦で前回の覇者、
イランのハミド・スーリヤン
を倒したってすごくないですか?
2回戦、3回戦で戦った相手も
とても強いんです。
本人も

「“ALSOKのレスリングは強い”という
先輩が築き上げてきたイメージに負けないように頑張ります。
そして、リオデジャネイロ2016オリンピックでも
東京2020オリンピックでも金メダルを狙います!」(ALSOKホームページより)

とコメント。
意気込みも十分です。

きっと金メダルも夢じゃないと
期待してます。
応援してます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする