「IQ246」のあらすじやキャスト!主題歌や原作は?

シェアする

この記事の所要時間: 137

2016年10月にスタートするTBS系連続ドラマ
「IQ246~華麗なる事件簿~」の主演を織田裕二
が演じることになりました。

スクリーンショット_082616_041932_PM

織田裕二がTBS局の連ドラに主演するのは
2007年放送の「冗談じゃない!」以来、
なんと9年ぶりだそうです。

共演者も主役級のキャストが集結するという
ことで、今からワクワクしますね~(^^)

日時

2016年10月スタート
毎週日曜
午後9:00~

あらすじ

織田裕二が演じる主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)は、
IQ246の異能が代々遺伝することから、
時の権力者によって存在を封じられてきた一族の89代目当主という
役柄。

暇を持て余す沙羅駆が、
自ら見出した“美しい事件”を解決していくさまを描く
1話完結の本格ミステリーとなるそうですよ~。

Sponsored Link


キャスト

スクリーンショット_082616_042137_PM
法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)・・・・・織田裕二
やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。
法門寺家の長男で89代目当主。口癖は、
「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」
スクリーンショット_082616_042230_PM
和藤奏子(わとうそうこ)・・・・・土屋太鳳
正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
今どきの若者にありがちな、小さくて高いプライドを持つが、
でも根は真面目で、正義感もある。

スクリーンショット_082616_042252_PM
89代目 賢正(けんせい)・・・・・ディーン・フジオカ
沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
沙羅駆の道楽につき合わされ調べ物をしたりする。
「恐れながら・・」と言いつつ、時に推理してみたりする。

スクリーンショット_082616_042321_PM
森本朋美(もりもとともみ)・・・・・中谷美紀
一見とても地味な法医学専門医 監察医。
法門寺沙羅駆に出会い、その推理能力に魅了されファンとなる。
検視が終わると死体に死化粧を施す。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする