大坂なおみ経歴すごい!ハーフで父がハイチ出身!姉もプロテニス!

シェアする

この記事の所要時間: 240

リオ五輪も終わってしましましたね。
4年後はいよいよ日本で開催となりますが、
東京五輪出場するアスリートが
少しづつ話題となってきましたね。

テニス女子の東京五輪に期待されている
大阪なおみ選手が快挙を遂げました!!

2016年8月29日、
ニューヨークで開催されたテニスの4大大会の
最終戦となる全米オープンで
ココ・バンダウェイ(米国)に
6-7、6-3、6-4で逆転勝ちし、
大坂なおみが初出場初勝利を飾りました!!

大阪なおみの経歴

スクリーンショット_083016_111533_AM

名前  :大坂 なおみ(おおさか なおみ)
国籍    :日本・ アメリカ合衆国
出身地 : 大阪府大阪市
生まれ   : 1997年10月16日(18歳)
身長   :180cm
体重      :69kg
利き手   : 右
バックハンド 両手打ち

家族構成は、

ハイチ出身の父日本の母。
姉の大坂まりもプロテニス選手です。
スクリーンショット_083016_112024_AM

大阪で生まれ、3歳の頃米国に移住しました。
そのため、日本語よりも英語の方が
しゃべれるそうです。

テニスを始めたのは3歳の頃で
テニス経験のない父、レオナルドさん
教えるようになったそうです。
スクリーンショット_083016_112215_AM
経済的な問題で、公共テニス場などを利用し
2歳年上のまりさんと共毎日6時間近く
練習していたそうです。

16歳になって、ようやく
フロリダのテニスアカデミーで
専門的な訓練を受けるようになりました。

2013年にプロに転向し、
ツアー下部大会を転戦しました。

2014年7月のWTAツアーで初めて予選を突破し本戦出場し
2011年全米オープン覇者を破りました。
2015年の10月にはWTAファイナルで優勝!

2016年の全豪オープン、 全仏オープンともに
3回戦まで進むという快挙!

日本テニス協会に登録はしていないが、
日本オリンピック委員会の強化指定選手に選出され、
「東京オリンピック出場を目指す気持ちはある」
と答えています。

大坂なおみのすごいところ!

①サーブの最速がなんと時速200キロ!!
これが、大坂選手の強さの秘訣です。
世界ランキング1位の
セリーナ・ウィリアムズでも
時速196.3kmということなので、
どれほど早いか分かりますね。
スクリーンショット_083016_122035_PM
また、セリーナ・ウィリアムズに匹敵することから
和製セリーナとも呼ばれています。

身長が180㎝!
とっても大柄の選手でです。
(隣は土居選手)
スクリーンショット_083016_112514_AM
セリーナ・ウィリアムズが175㎝、
シャラポワが188㎝、アガレンカが183㎝
と女子テニス界は大柄ハードヒッターが強いのです。

日本選手は大柄選手がおらず、
世界の勢力から外されているのが現状…。

180㎝の大坂選手は日本にとって
期待のホープなのです!

学力もすごい!
2014年の6月、高校を
2学年飛び級で卒業しました。

テニスだけではなく、
勉強も努力する大坂なおみ選手
応援してます(^^)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする