武田鉄矢出演の水戸黄門のキャスト!助さん格さん誰?放送日はいつ?

シェアする

この記事の所要時間: 355

こんにちは~。
水戸黄門を武田鉄矢が演じることが決まり、ネット上では
話題となってますね。

水戸黄門と言えば1969年から42年間も続いたTBSの国民的人気時代劇です。

なんと平均視聴率は22.2%だったそうです。
スゴイですよね。

その水戸黄門が6年ぶりの復活だそうです。

最後の水戸黄門は長年水戸黄門に携わてきた里見浩太朗さんでした。

初代・東野英治郎さんのインパクトが強くて私の中ではこの方が
「ザ・水戸黄門」なんですが、武田鉄矢の水戸黄門は、今までとは違う

何か違う味を出してくれるような気がして楽しみにしいます。

武田鉄也を起用した理由は
「飾らない親しみやすさ、また理を諭す姿が、

人情味あふれる庶民的な黄門様のイメージに重なった」からだとか。

長年国民的ドラマ、金八先生として親しまれてきた武田鉄矢さんだったら、

きっと面白そうな黄門様になりそうですね~。

スポンサード リンク




スポンサード リンク

いつ放送?

BS―TBSで放送
2017年10月~
水曜日
午後7時~オンエア

BSの放送になるんですね。
ふだんBSを見ない人は

地上波じゃないから注意が必要です。

助さんと格さんは?

今ところ未定です。

決まり次第追記します。

ちなみに前回の水戸黄門のキャストは
水戸光圀役見浩太朗をはじめ
「助さん」佐々木助三郎役の東幹久
「格さん」渥美格之進役の的場浩司
楓役の雛形あきこらが演じました。

金八先生も水戸黄門も同じTBSなので、もしかすると
ウケをねらって「金八つながり」で出演者が決まるかもしれませんね。

たとえば、
助さんがマッチで格さんがトシちゃん。

お銀が杉田かおる‥など。

悪者は毎回3年B組の誰かを起用して、最後は武田鉄矢扮する水戸黄門に
諭されて「校門様~」と泣きつくところで終わるとか。

こうなれは全盛期の視聴率22パーセントは確実に超えそうですよね(笑)

こんな水戸黄門見てみたい!

そして武田鉄矢は福岡出身なので、セリフも博多弁だったりとか…

どんな水戸黄門になるか楽しみですね!

(楽天より)

5月18日に助さん格さん発表されました!!

俳優の財木琢磨(24)と荒井敦史(23)が今年10月スタートのBS-TBS系時代劇『水戸黄門』で助さん(佐々木助三郎)・格さん(渥美格之進)を演じることがわかった。

財木琢磨さんは1992年10月15日生まれの24歳。
出身は福岡県で武田鉄矢と同じですね!

身長は178cmで体重は65kg。

2017年にはミュージカル刀剣乱舞にも出演決定し、活躍の場を広げています。

荒井敦史さんは 1993年5月23日生まれの23歳。

埼玉県出身の俳優さんです。
身長 は183 cm。

2009年、第21回JUNONスーパーボーイコンテストにてビデオジェニック賞を受賞したことがきっかけで芸能界入りしました。

打ち切りの可能性も!

武田鉄矢の水戸黄門も前途多難のようです。

最低でも8~10%台は取ってくれないと3カ月で打ち切りされる
可能性が高いそうです。

テレビ関係者によると…

「TBSも、かなり悩んだようです。

なぜなら、時代劇はめちゃくちゃお金がかかるからです。

1本当たりの制作費は、最低でもおよそ6000万円~。

TBSの通常ドラマが1本30000万円~。

金額だけを見れば、いかに時代劇のコストパフォーマンスが
悪いのかが分かるはずです」
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170411/Weeklyjn_12472.html

製作費がすごい!

武田鉄矢のギャラも1本200万円なんですと!

その他、カツラ代が5万円~
衣装は一回10万円などなど、
視聴者にはわからないお金がふんだんに
かかってるんですね。

金八先生がんばれ~!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする