女優のたぬき(田上美佐子)の経歴や学歴は?子供や夫の今現在は?

シェアする

この記事の所要時間: 313

こんにちは(^^)
九州はすっかり
春らしくなてきました。

来週くらいには
桜が咲くのではないでしょうか。

3月19日(日)に放送される
NNNドキュメント

鹿児島の女優たぬき
さんの特集があるそうです。

鹿児島を中心に
活動されていたそうですが、
九州にいながら、
たぬきさんの存在を知りませんでした。

2016年10月に天へ旅立たれたそうです。
戦争を題材にした芝居を上演し、
たぬきさんは「命の尊さ」を
訴え続けてこられました。

そんなたぬきさんのことが
とても気になりました。

スポンサード リンク

田上美佐子(たぬき)さんの経歴や学歴

本名  田上美佐子
生まれ 1954年10月14日
出身地 東京都
血液型 A型

鹿児島県鹿児島市に居住し活躍して
こられたたぬきさんですが、
出身は東京都だそうです。

1973年に東京都立神代高等学校
卒業されました。

定時制B組だったと
自己紹介しています。

芝居と出会ったのは8歳の頃。

12歳から一人芝居を始めたそうです。

戦後生まれのたぬきさんですが、
戦争体験者に取材した話をもとに
特攻隊など、戦争を題材にした芝居を
上演されてきました。

「命の大切さ」「人権」「平和」「希望」
などをテーマに自ら取材しシナリオを作成し、
一人で舞台を演じてきました。

学校の学芸鑑賞や、公演、企業の研修などで
幅広く活躍されてきたそうです。

2016年5月から癌に侵されてからも
なお病と戦いながら、
命の尊さを舞台を通じて
訴え続けてきたそうです。

体がきつかったり痛かったり
するにも関わらず、
なぜそのようにしてたぬきさんが
「命の尊さ」「人権」「平和」
「希望」を演じ続けてきたのかは
「NNNドキュメント」をみて
答えを見つけようと思います。

スポンサード リンク




夫や子供達の今現在

たぬきさんは4人の子供と7人の
お孫さんがいらっしゃいます。

お子さんは多方面で活躍されてます。
長男の田上陽一さん
音楽プロデューサーで乃木坂46
『転がった鐘を鳴らせ!予告編』や
手嶌葵のアルバム 「Ren’dez-vous」
をプロデュースしてるそうです。

次男の田上 晃吉(たのうえ こうきち)
さんは2002年に俳優デビューされ、
たぬきさんとも舞台を一緒に
されたりしてました。

現在は兄の陽一さんとの兄弟ユニット
『薩摩人・陽吉』のボーカルとしても
活動してます。

3男の田上裕さんはサッカー選手で、
現在鹿児島ユナイテッドFCで
主将をされてます。

みなさん活躍されてて
素晴らしいですね。

ご主人の田上裕志さんハンナハウス
というエンターテインメントと
車関係の会社?を運営されてて
そこでたぬきさんの広報および
マネージャーとして
たぬきさんを支えてこられたようです。

ハンナ (Hannah, Hanna) は、ヨーロッパ系の女性名、姓。「恩恵」「恵み」を意味するヘブライ語の人名カンナハ(חנה)に由来する。

たぬきさんをしのぶ会は
「教会」で行われました。

たぬきさんはキリスト教の方で
社名にもある「ハンナ」とは
「恩恵」「恵み」という意味で
使われていたのでは?
と想像しています。

聖書の教えである隣人を
愛する心はたぬきさんが
お亡くなりになった後も、
たぬきさんに出会った人たちに
受け継がれていくここと思います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする