諸井清二(漂流おじさん)の現在!年齢は?妻とのテレパシー秘話すごい!

シェアする

この記事の所要時間: 48

こんばんは(^^)
3月23日(木曜)の「衝撃のアノ人に会ってみた」に
あの漂流おじさんが出ると知って懐かしくなりました。

漂流おじさんこと諸井清二さんは今から23年前にヨットで遭難して行方不明になってしまい、ニュースで何度も報道されてました。

3カ月後に見つかるんですが、その時の記者会見で3が月も漂流していたにもかかわらず、ショックを受けたり落ち込んだ感じではなく、ひょうひょうとした様子というか、楽天的な様子だったことを思い出します。

遭難したことを楽しんでいるかのような態度に、心配していた世間の人たちの方が拍子抜けしたようなそんな感じでした(^^;

スポンサード リンク

現在の様子

その漂流おじさんも遭難した歳が56歳だったので、23年たった今、
もう79歳にもなられるんですね…
お元気にテレビ出られるとのことで嬉しいですね。

漂流事件のあと、夫婦で沖縄に移り住んでコーヒー栽培をされていたようです。当時は名護に住んで東村内に約1,200坪の圃場を持っていたそうです。

コーヒー栽培の経験がなく誰にも師事することなくコーヒーづくりに取り組んでいたそうです。
もう79歳ということもあり、コーヒーの栽培はしてないんじゃないかな~って思います。

スポンサード リンク




当時の事件について

諸井清二さんはもともと汽笛乗りだったそうです。
遭難した時の職業は農業。
1994年当時、関西国際空港が開港しました。
その関西国際空港の開港イベントで行われた「環太平洋ヨットレース」に仕事を辞めて参加することにした諸井さん。
2月11日に兵庫県西宮港を出航しました。

ところが自分のヨット「酒呑童子(しゅてんどうじ)」号
ロサンゼルスに向けて航行中、船が大しけのために破損してしまいます。
無線でも連絡が取れなくなってしまいました。
世間でも大騒ぎとなり、4月8日の新聞に行方不明になっている記事が載りました。

なんと、日本中が諦めかけた6月7日に92日ぶりに無事に韓国の釜山港で発見されて救出されたのです!

強運の持ち主としか言いようがありませんね。

妻とのテレパシー


その後諸井さんは時の人となり、ドキュメンタリー番組も放送されました。その中で印象的だったのが、テレパシーの話でした。

夫の遭難中に妻の千恵子さんは、5月11日に不思議な夢を見ます。
その内容は、夢の中で千恵子さんは食卓の椅子に座っている夫を見つけました。そして、その夫に「いつ帰ってきたの?」と尋ねると、その時点からすれば未来の日にちになるんですが、「6月7日に帰ってきた」と言ったそうです。
そしてなんと!「6月7日」に釜山で発見されたのですよ!

もっと驚いたことに、諸井さんは船の上から奥さんが起きる時間を見計らって自分が無事だということをずーっとテレパシーを送っていたそうです!

すごくないですか?テレパシーって送受信できるものなんですって。
生きてるということに加えて、日付までピッタリ当たってるって
お二人の強い絆を感じますね。

願い事があると、強く願うってことは結構大切なことなんですね。
思い通りに物事が進まないときは、願い方が足りないのかもです。

漂流のようす

ご自身で書かれた体験記があります。
この中の内容の一部があったので抜粋します。

p62 …ハワイを過ぎれば助かる見込みはまずない。…セールを上げて艇速のチェックをした。風力3~4で、二、三ノットは出ている。俄然、ファイトが出てくる。さあ行くぞ。いい風よ、吹いてくれ!
p64 (水浸しのキャビンの底から食料を捜しだして)それにしても、大塚製薬の製品(ボンカレー・カロリーメイト、ザ・カルシウム)は、ヘドロに埋まった状態の中でも助かった。非常食としての包装の仕方は満点だ。…ほんとうに、大塚商品は表彰ものだ。
p66 (ジュリーリグの準備をして、)風向きが北に変われば、いよいよセーリングだ。胸が躍る。
p69 出航以来、アルコール類を絶っていたが、遭難した現在、気分をリラックスさせるためにも、また、救助されたときにヨットに残すのがもったいないので、解禁することにした。
p89 少ない水だからこそ、水の大切さが身にしみる。残り少ないプロパンガスだから一分間たりとも無駄にはできない。…。こんなことを教えてくれる、漂流万歳!

生と死の狭間で生きるために知恵を振り絞っている様子と、何事にもプラス思考で挑む楽天家の一面が現れていますね。

このプラス思考な発想でピンチを切り抜けていったのでしょうね…。
見習いたい一面です。

23年ぶりの漂流おじさんをテレビで観られるのが楽しみです!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする