川口信弘の経歴や学歴は?川口スチール工業の超薄型太陽光パネルとは?

シェアする

この記事の所要時間: 52

こんばんは(^^)
九州地方は暖かくなりコートは必要ないくらいになりました。桜のつぼみも膨らんで来ましたよ~!

花見に行くのが楽しみです。

NNNホームページをみてたら、なんとお隣りの県の佐賀県の話じゃないですか!

制作は福岡放送となってました。

調べてみると九州地方、特に福岡在住だったら知らない人は少ないと思われる、FBSの浜崎正樹アナが企画した番組とのこと!

浜ちゃんと言えばめんたいワイドや夕方のニュースで御なじみだった(最近はみかけない)人気のアナウンサーです。

ぽっちゃり系でほんわかした雰囲気が誰からでも愛される人気のアナウンサーなのです。最近

テレビで見かけないと思ったら、番組制作などを手がけてたんですね~。

今回NNNで放送されるのは、2017年の1月29日に福岡放送が月一回最終日曜日に放送しているドキュメンタリー番組「目撃者f」で放送された「サガンオヤジの がばい挑戦!~ナイジェリア太陽光発電計画~」の内容だったようです。

ナイジェリアの非電化の村に明かりを届けるために奮闘する川口スチール工業」ですが、佐賀県の鳥栖市にある小さな屋根施工会社です。

鳥栖市は佐賀県と福岡県の県境にある市です。

近くにある鳥栖インターは、九州自動車道のへその部分となっていて、九州の東西南北どこにでも一直線にいくことができる唯一のインターなのです。

そういうアクセスの良さもあり、鳥栖にはたくさんの工場があります。

大きな会社でいうと、「コカ・コーラ」や「キューピー」「セキスイハイムの工場」「ブリジストン」「久光製薬」「パナソニック」などなど…

とても活気に満ちた工業地帯にある川口スチール工業について調べてみたいと思います。

スポンサード リンク

川口信弘の経歴や学歴は?

川口スチール工業は1930年(昭和5年)創業の屋根の設計施工会社。従業者は14人という中小企業です。

川口さんは22歳の頃、3代目として社長に就任します。

今回のプロジェクトを始めたのが49歳の頃だったので、現在の年齢は54歳くらいかな?

アイデアと徹底した現場主義の行動力で川口さんが社長になってから会社の年商は4億円にまで成長したそうです。

川口社長の出身大学を調べましたが分かりませんでした。

出身校「JHC」と書かれた経歴を見つけました。

JHCとは何ぞや?

知らなかったので調べてみました。

JCI(Junior Chambar International:国際青年会議所)は、自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的とする。
会員数16万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。
http://jciwc2015.com/jp/whats.html

青年会議所のことを言ってるのかな~って思います。

スポンサード リンク




超薄型太陽光パネルとは?

川口スチール工業は、2008年から太陽光パネルの設置事業を開始し、
補強しないと太陽光パネルを乗せれないような屋根のために超軽量パネルをメーカーと共同で開発しました。

その開発の過程で出会ったのがフィルム上の太陽光パネルだったそうです。

これが注目されている超薄型太陽光パネルです。

発電量が少ないため日本では需要がないと思いますが、軽量なため持ち歩きには持って来いなのです。

まさに、アフリカなど電気のない地域や計画停電地域での使用にピッタリな太陽光パネルなのです!

1840センチ×460センチのフィルム状のアモルファス太陽電池と変圧器、バッテリーを組み合わせたユニットで、晴天の場合、日中約4時間の充電で夜間100ワットの家電を4時間使用できる。電球1個、扇風機1台、小型テレビ1台で4時間分の発電量。

日本人のように電気に頼りきりの生活をしていると4時間しか使用できないなんて短い!
って思うかもしれませんが、今まで電気がなくろうそくなどで生活していた人たちにとっての4時間は貴重な4時間でしょうね。

この超薄型太陽光パネルは、エルハジ・モハメッド・ラミーヌトゥーレ駐日ギニア大使が訪れるなど、特に電力が発達していないアフリカ地方の人たちから大反響でした。

http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.2331640.article.html

川口さんの太陽光パネルのギニアでの活動などを聞きつけ、福岡在住のナイジェリア人のサムエルさんが川口社長を尋ねてきたことがこのプロジェクトの始まりとなります。

このサムエルさんは薄型太陽光パネルで母国に明かりを届けたいと思っているそうでう。

ナイジェリアはアフリカで一番の経済大国だというのに電化率は51%らしく国民の半数の人が電気のない生活を送っている…

日本って国はほんとに恵まれているんですね。

電気がつくのは当たり前だと思っていましたが、有難いことなんですね。

サムエルさんはナイジェリアの子供には明かりが必要で、本を読んだりビデオを見たりして得た知識で将来のナイジェリアが作られていくと言ってました。

明かりはナイジェリアの未来なんですね、なんかこの話を聞いて感動しました。

鳥栖の小さな会社で開発された技術が海を越えた遠い国ナイジェリアの人たちの生活を劇的な変化を与えるなんてスゴイですよね!

女優のたぬき(田上美佐子)の経歴や学歴は?子供や夫の今現在は?
こんにちは(^^) 九州はすっかり 春らしくなてきました。 来週くらいには 桜が咲くのではないでしょうか。 3月1...
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする