犬養道子の結婚や夫や子供について!安藤和津との関係を解説!

シェアする

この記事の所要時間: 327

こんにちは。

元首相のお孫さんにあたる
犬養道子さんが2017年7月24日
老衰のため旅立たれました。

96歳だったそうです。

1948年に米国に留学後、
パリの大学で聖書学を学ばれた
犬養道子さんは難民救済活動
にも尽力をつくされてました。

砂漠に植樹する活動や
難民を支援するため

著作の印税と
東京の自宅を売却したお金で

「犬養道子基金」の活動を
されておられました。

自らも紛争地に出掛け
飢えた子どもを救済するための
「スプーン一杯運動」や
パキスタンなどに苗木を送る
「みどり一本運動」をされて
いたそうです。

そんな犬養さんですが、
私生活はあまり知られて
いませんでした。

じつはエッセイストの
安藤和津さんとも
深いかかわりがあることが
分かりました。

今日は犬養道子さんにフォーカス
してみたいと思います。

スポンサード リンク

経歴

犬養毅元首相の孫で、犬養健元法相の長女として生まれる。

女子学習院を卒業します。
そののち
津田英学塾を中退した後

カトリックの洗礼を受けます。

1948年に渡米し、ボストン、パリで
哲学、聖書学を学ぶことに。

1957年に帰国したあとは
NHKのニュース解説員。

『婦人公論』誌の特派員。

ハーバード大学ラドクリフ
研究室の研究員。

などなど華々しい経歴の数々です。

執筆活動もされてました。

執筆された本は数え切れないほど
あります。


【中古】お嬢さん放浪記 (1978年) (中公文庫)

自身が渡米した時の体験をつづった
「お嬢さん放浪記」はベストセラーと
なりました。

結婚や夫や子供について

犬養道子さんは80歳頃から
神奈川県の老人ホームで一人で暮を
されてました。

お子さんやご主人のことを
調べましたが、
ご結婚はされていなかったようです。

スポンサード リンク




安藤和津との関係は?

エッセイストの安藤和津さんと
犬養道子さんのお父様は
犬養健さんです。

同じお父さんでお母さんが違う
異母姉妹なんだそうです。

姉妹と言えども
30歳近く年齢差があるんです。

安藤さんのお母様は
料亭「をぎ乃」の経営してた
荻野昌子さん。

お父様は安藤和津さんのお母様より
27歳も年上でした。

お父様は中学1年生の時に心臓病で
お亡くなりになったそうです。

妾の子として生まれた安藤さんは
お父様の葬儀に参列することが
許されなかったんだそうです。

とはいえ、
安藤和津さんも豊かな幼少時代を
送ってたそうです。

学歴も学習院初等科から女子高等科、
上智大学文学部の中退した後は
2年間の英国留学を経験しています。

犬養家の血を引くものの特権として
VIPな生活を送っていたそうです。

家には使用人が20人ほどいて
お抱え料理人が食事を作っていた
というエピソードは有名ですね。

銀座のオーダーメイドの洋服をきて
3500万円の世界一周旅行へ出かけた
などなど、庶民にはうらやましく、
手の届かない生活を送っていたそうです。

お父様である犬養健さんが
もう一つの家庭でそのような
生活をしている時でも、

娘である犬養道子さんは
世界中の貧しい人たちの為に
尽力を尽くされていたと
考えると、何とも言えない
気持ちになります…

緒方貞子さん

世界的に有名な国際政治学者、
緒方貞子さんの
曾祖父が元内閣総理大臣の犬養毅。
つまり、犬養道子さんは緒方貞子さんの
従姉になるのです。

華麗なる一族そのものです。

お二人ともカトリックの信者であり
国際社会へ貢献されたという
共通点があるんですね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする