フラッシュモブの演出をスペシャリスト4で見て参加してみよう

シェアする

この記事の所要時間: 222

マーブルです。

今日は、娘の誕生日パーティーをしました。今日の誕生日ケーキは、「サーティーワンのアイスクリームケーキ」をはじめて注文しました。

オラフのケーキを選んでみました。チョコペンで楽しく描けるので、オラフの口や手を描いて娘も納得しているようでした。

今日は、娘が食べたいと話したベスト10から、5個の料理を選び作ってみました。

ホットする時間を家族で過ごすことができました。

そして、待ちに待った「スペシャリスト4」が放送されました。

スペシャリスト4のなかで出てきた「フラッシュモブ」が気になったので調べてみました。

フラッシュモブとは、インターネット上や口コミサイトで、不特定多数の人々に呼び掛けて、通りがかりを装い、突然とダンスや演奏などのパフォーマンスを行い、周囲の人々を驚かせること。その目的を果たすと、何事もなかったようにその場を立ち去る行為を「フラッシュモブ」といいます。クールに去っていくところは、かっこいいですね。

maxresdefault

静と動がある演出で、とっても目を引きますね。感心するばかりです。

運動会の組体操を見ているようで、その場をたまたま通った人も足と目を止めて見入ってしまいますね。

人々の行動が揃うということは、人の心に感動を生みやすいことにも関係しているかもしれませんね。

見ている人も同じ体験をしているような雰囲気を抱きます。

また、パフォーマンスが終わると同時に、一瞬のうちに立ち去ってしまうこと。それは打ち上げ花火をみているようで、その美しい演出は、瞳の内側に焼き付きます。

フラッシュモブは、笑顔と感動を生みだす素晴らしいパフォーマンスだと思います。

Sponsored Link


フラッシュモブは、2003年5月にニューヨークでビル・ワジクーが始めたことで有名になったそうです。

日本では、下記のパフォーマンスが有名です。

2012年12月24日羽田空港「東北支援チャリティイベント」

2013年8月11日新宿「世界平和コンサート」

2013年11月17日福岡「福岡マラソンPR」

2013年にリリースされたSMAPの50枚目のシングル「Joy!!」SMAPとダンサー1,000人によるフラッシュモブダンス

2014年放送されているALSOK のCMでは同社所属アスリートを中心としたフラッシュモブダンス

フラッシュモブは、沢山の人を集合させるためには、いい方法ですね。これから企業の宣伝に活用できそうですね。

初めて知って「ビックリしました」

これから、わたしも参加してみようかな?

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする

フォローする